困ったらプロに相談

トイレのつまりの対処法について、お湯を流す、ラバーカップを使う方法の他に、バケツに水を汲んで流す方法があります。排水口めがけて水を流し込むことで、水圧でつまりを採る方法です。ここで注意する点は、大量の水を一気に流さないことです。排水口のキャパを超える水を流してしまうと、水流が弱まる上に、流れずにオーバーフローしてしまう可能性があります。バケツから落ちる水が5センチ程度の太さに鳴るように滝のように落とすことがコツです。

いくつかトイレのつまり対処法を紹介しましたが、それでも解消されない場合には、トイレつまりの対応業者に依頼するようにしましょう。トイレのつまりを悪化させてしまい、大掛かりな工事が必要になってしまう危険性もあります。バケツやお湯、ラバーカップを利用しても解消されない時には、速やかに業者に相談されることをお勧めします。ほとんどの業者が無料出張見積りに来てくれますので、まずは見てもらうと良いでしょう。ただし、ネットの情報では分かりづらく書かれていて、出張費をとられる可能性もありますので、問い合わせの際にきちんと必要になる費用について確認をするようにしてください。相見積もりをとるのも有効です。

その他のつまり原因

トイレットペーパー以外のトイレのつまりの原因には、トイレに流せるトイレ用クリーナーや赤ちゃんのお尻拭き、または、ティッシュペーパー、お子さんが誤って落としたおもちゃ、ポケットに入れておいたスマホ等、本来トイレに流してはいけないとされているものが挙げられます。

水に流せるという商品であっても、1枚が大判の商品を大量に流せば、つまりの原因になってしまいます。また、ティッシュペーパーについても、流れそうな気がしますが、実際には水に溶けにくい為に、つまる原因になると言われています。または、嘔吐物によってもつまりの原因になることがあります。他にも、節水によってトイレのつまりを引き起こす場合があります。排水される水の量は、便を流した際にちゃんと流れる量として計算されています。

ところが、タンク内にペットボトル等を入れて節水されている場合、必要な水量が流れず、完全に流れきらずにつまりの原因となります。あるいは、家の築年数が古い場合にも、経年劣化により排水管内に頑固な汚れがこびりつき、流れが細くなってつまってしまうことがあります。この場合はお湯やラバーカップ等で簡単には解消されない為、業者に依頼するケースが多いようです。

トイレのつまり原因

トイレのつまりで最も多い原因について、トイレットペーパーの流しすぎが挙げられます。確かに、トイレットペーパーは水に溶ける材質であり、通常の使い方であればきちんと流れていきます。しかしながら、大量のトイレットペーパーを使用したり、同時に大きな便を流した場合等、排水管内で便が引っかかった際等、トイレットペーパーが詰まってしまうことがあります。

つまりの原因で一番多い原因ではありますが、解決しやすいトラブルであるとも言えます。何故なら、本来は水に溶ける「水解紙」である為、時間をおくことで解決することが多くあります。もちろん、量が多いと時間がかかることになります。そんな場合には、お湯を利用して溶かす方法が有効です。注意点は熱湯ではなく、50度くらいのお湯にするということ。熱湯では便器や配管を痛めてしまう可能性がありますので注意しましょう。

また、トイレットペーパーでも、安い海外製品の場合、水に溶けないという粗悪品が存在している可能性もあります。溶けにくいと判断した場合には、お湯での解決は諦めて、スッポン(ラバーカップ)の利用に切り替えてください。それでも難しい場合には、プロの業者に相談するとスムーズに解決します。

トイレのつまり対策

トイレのつまりは、浴室や台所、洗面台等の水回りの中で最も頻繁に起こる水トラブルです。日々誰しも利用する場所であり、複数人、複数回と利用する為、トラブル回避は難しく、一度や二度は必ずトイレのつまりを経験されていると思います。家庭用トイレはもちろん、オフィスや飲食店、工場等、人が生活している場所にはトイレは必要不可欠な存在です。その為、トラブルも起きやすく、またその原因も簡単に特定できるものから、専門業者に頼まなければ解決しないものまで様々です。

いざトイレのつまりが起こってしまった場合に、慌てて間違った対処をしない為にも、トイレのつまりのよくある原因や対処法について知っておくことが大切になります。間違った対処をした結果状態が悪化したり、または悪質な業者に当ってしまい、別のトラブルに発展してしまう可能性もあります。落ち着いて判断、対処をする為に、トイレのつまりについて考えてみましょう。

トイレのつまりで一番多いとされる原因は、トイレットペーパーのつまり、排泄物のつまりになります。他にも、流して良いとされているトイレ用クリーナーや赤ちゃんのお尻拭き等も原因として多い傾向にあります。実際、溶けると言われている紙素材であっても、一気に流してしまうことでつまりの原因に大いになりえますので、流し方に注意が必要です。ここでは、トイレのつまりについて、その原因や対処法について、参考になるように説明します。