トイレのつまり原因

トイレのつまりで最も多い原因について、トイレットペーパーの流しすぎが挙げられます。確かに、トイレットペーパーは水に溶ける材質であり、通常の使い方であればきちんと流れていきます。しかしながら、大量のトイレットペーパーを使用したり、同時に大きな便を流した場合等、排水管内で便が引っかかった際等、トイレットペーパーが詰まってしまうことがあります。

つまりの原因で一番多い原因ではありますが、解決しやすいトラブルであるとも言えます。何故なら、本来は水に溶ける「水解紙」である為、時間をおくことで解決することが多くあります。もちろん、量が多いと時間がかかることになります。そんな場合には、お湯を利用して溶かす方法が有効です。注意点は熱湯ではなく、50度くらいのお湯にするということ。熱湯では便器や配管を痛めてしまう可能性がありますので注意しましょう。

また、トイレットペーパーでも、安い海外製品の場合、水に溶けないという粗悪品が存在している可能性もあります。溶けにくいと判断した場合には、お湯での解決は諦めて、スッポン(ラバーカップ)の利用に切り替えてください。それでも難しい場合には、プロの業者に相談するとスムーズに解決します。